ドレスコーディネーターの仕事や魅力について紹介しているサイト

>

結婚式は個人の好みを反映する形へ

晴れ舞台の花形演出に関わる仕事

結婚式のドレスコーディネーターとは、端的に言うと新郎新婦が結婚式や披露宴で着るドレスを一緒に選ぶ仕事です。
結婚式も披露宴も多様化している昨今、新郎新婦がどんな式を希望し、どんなドレスでハレの舞台に立ちたいか、思い出に残したい1着を一緒に探します。
結婚式の形式や好みなど和洋さまざまな形態に対応しなければなりません。

ドレスだけではなくアクセサリーや、ブライダルメイクなど外見に関わる全てをトータルでサポートする場合も少なくありません。
全てを1人でこなす現場もあれば、アシスタントを付けて複数人で行う場合もあります。
式当日の予行練習でメイクをしてもらう人もいるのでそうした要望に対応するのもこの職業の役割であることが多いです。

ドレスコーディネーターの大変なところ

ドレスコーディネーターはいつも華やかなドレスや衣装に囲まれた場所での仕事が主になりますが、ドレスの流行りも移り変わるものですし、さまざまな要望に沿うことができるようにとても多くのテイストがあるので、職場で保有しているドレスや衣装については把握していなければなりませんし、流行りについても継続的にアンテナを張っておくなど勉強しなければいけない面もあります。

また、ドレスと同じくメイクなども流行りや個人の好みによる部分が大きいので、ファッションなどについてはある程度トータルで勉強しておく必要もあるでしょう。
他に重要なのが、新郎新婦の要望をなるべく的確にくみ取る必要があるのでコミュニケーション能力が必要になります。