特集☆ワキガ治療のクリニックおすすめ6選

alt_1
home > ワキガ治療のおすすめ情報 > ワキガの治療前に自分で行える対策

ワキガの治療前に自分で行える対策

 ワキガは体質である運動や緊張や暑さなどで汗をかいた時、雑菌と汗が混ざる事で異臭になってしまうのが原因となっています。
 そのためワキガの人は普段からケアをしており、思春期の時などは男女ともに大きな悩みとなっていることも多いです。
 そんなワキガですが治療で改善する事は可能ですが、やはりどうしても費用面がかかります。
 また未成年の場合は成人してから治療を使用と考える人も多いですよね。
 では治療を行う前に自分でできるだけ対策したいと多くの人が考えます。
 では実際に自分自身でできる対策の方法ですが、まずはスプレータイプの制汗剤などがあります。
 特に学生などは費用面を節約できるだけでなく持ち運びも簡単なので、小さいタイプのスプレー缶などは鞄やリュックなどにも入れやすくて便利なのでおすすめですよね。

 汗に直接吹きかける事ができるので、友達同士でも貸し借りができるなど便利なアイテムとして活用できますよ。
 その他にシートタイプなども便利に活用できる対策方法の1つです。
 特にワキガの原因となる汗を同時に拭き取るだけでなく、ベタつきなども同時に綺麗にすることができますよ。
 またワキガの場合は臭いが気になりますが、シートタイプは優しい香りの物も多いので香りから選ぶこともできます。
 またシートタイプにはパウダーがついているタイプもあるので、汗と臭いをふき取るだけでなくパウダーでサラサラにして汗を抑える事も可能です。
 また使用後は捨てることで衛生面でも綺麗に保つことができます。
 学生であれば体育後などシャワーを浴びる事が直ぐにできない時などに、汗と同時にケアもできるのでおすすめなアイテムといえますね。

 その他にはロールオンタイプなどもありますよ。
 これは直接肌に制汗作用のある液体をロールを使用して肌に塗るタイプになります。
 直接肌に塗ることで、スプレータイプやシートタイプに比べると、制汗作用や臭いなどを抑える効果が高く長い時間効果が期待できますよ。
 ただし中の液体は多少ベタつくタイプがあるので、塗った後は液が乾くまで洋服などを切るのを待つ必要があります。
 またより効果を高めたい場合は、脇の下の無駄毛などを綺麗に処理をして直接肌に塗るようにするのがポイントですね。
 朝使用しただけで1日効果を持続することもできますが、気になる場合は朝はロールタイプを使用して、汗をかいた時はスプレーを活用するなど併用するのもおすすめな使用方法になります。
 治療まで自分でできる対策はいくつか種類があるので、自分にあった方法を選んで利用するのがよいですね。
 

次の記事へ
ページトップへ