紫外線が少ない秋は美容の季節

秋という季節は、紫外線が弱くなるため、肌へのダメージも減る美容の季節であると言えます。紫外線が弱くなることによって、肌の新陳代謝のサイクルを邪魔するものが減るのです。こうして、ダメージを受けて荒れてしまった肌や、できてしまったシミなどがきれいな新しい肌へと生まれ変わるのです。せっかくですので、この季節に肌の調子を整えましょう。肌を守るためには、肌の一番表面でバリアの役目を果たしている角質層を元気にしてあげる必要があります。角質層を元気にしてあげることは美容の近道です。元気にするためには角質層の水分量が10%以下にならないように注意することです。

肌を元気にするのは美容への近道

角質層の水分量の減少を押さえることによって、元気にしてあげることが美容への近道!水分量を減少させないために、私達が行えることは洗顔後の保湿です。気温が低くなる季節は、肌から皮脂が分泌されるまでに時間がかかってしまいます。皮脂が分泌されないということは、角質層の水分蒸発しやすい状態となっており、そのバリア機能が低下するのです。そのため、洗顔のあとはすぐに化粧水や乳液で角質層に水分を補ってあげて下さい。こうすることによって皮脂が分泌されるまでに時間がかかっても、角質層の水分量の減少を防ぐことができ、美容を守ることができるのです。

新着情報

2014-04-04 綺麗になれるサプリが更新されました。
2014-03-20 脱毛して悩み解決が更新されました。
2014-03-17 乾燥肌を悪化させないが更新されました。
2014-03-07 冬のための脚やせ方法が更新されました。
2014-03-06 美容外科で美しくが更新されました。

美容のためにできる事情報


過去の情報一覧