ドレスコーディネーターの仕事と魅力について

ドレスコーディネーターの仕事や魅力について紹介しているサイト

結婚式は個人の好みを反映する形へ

ドレスコーディネーターと聞くと、どんな仕事を想像するでしょうか。 華やかなドレスに囲まれ、新郎新婦と一緒になってドレスを合わせたり選んだりできる楽しい職業というイメージもありますが、大変なこともたくさんあります。 ここでは、ドレスコーディネーターという仕事についてご紹介します。

ドレスコーディネーターってこんな仕事

昨今は結婚式にもさまざまな形があります。
海外で挙式する人や、ディズニーなど有名なテーマパークや有名なスポット、神社やお城、記念館まで、歴史のある場所で挙げる人もいます。

ひと昔前までは結婚式と披露宴はセットであり、どうかすると結婚式そのものよりも披露宴がメインというイメージすらあったでしょう。
もちろん今でも、さまざまな趣向や新郎新婦の意向や趣味を反映した多様な結婚式、結婚披露宴の形が存在します。

結婚式に関連するものはある種1大ビジネスと化した部分があり、結婚式場や披露宴会場に使える雰囲気の良い場所は各地に増えています。
これから結婚する人にはまさにより取り見取りでしょう。
海や湖に面した式場など、静かで落ち着いていて、映画のような演出のできる式場も多く、各式場は差別化やサービス力で競っています。

また、一方ではシンプルであまりコストをかけない結婚式も人気が出てきています。
不況などの影響もあるのでしょうが、結婚式や披露宴を一生に一度だから派手にしようという考え方もあれば、2人でするものだから新郎新婦が納得していればどんな形でも良いというこだわりの無い人もいます。
コストを掛けずにするというのがある意味こだわりと言えるかもしれません。
結婚式や披露宴には当然ながらコストがかかりますが、結婚生活にはこれからさまざまな場面でお金がかかります。
その後の生活を考えてあまり派手に式や披露宴を行わないというカップルは今後も増えていくことが考えられます。

ドレスコーディネーターとしてのやりがいとは?

華やかなイメージのあるドレスコーディネーターという仕事のやりがいとはどんなことなのでしょうか。 ここでは、ドレスコーディネーターのやりがいについてご紹介します。 これからドレスコーディネーターを目指そうと考えている人はぜひ参考にしてくださいね。

ドレスコーディネーターになるのは資格が必要?

ドレスコーディネーターは結婚式に臨む新郎新婦の重要なサポーターを担う仕事ですが、ドレスコーディネーターとして働くには特定の資格が必要なのでしょうか? ここでは、ドレスコーディネーターになるのに必要な資格の有無やあると良いスキルについてご紹介します。