特集☆ワキガ治療のクリニックおすすめ6選

alt_1

ワキガの治療に適したクリニック選びのコツ

ニオイに関する悩みの中でもワキガは深刻な悩みと考える人が多く、ワキガを疑った時には治療を考えるのは当然のことではないでしょうか。当サイトでは治療できるクリニックを紹介しており、それぞれの強みや特徴を比較していただくことができます。

クリニックによりワキガ治療の方法にも違いがあるので、きちんと考えて選ぶことが大切です。当サイトでは料金の違いや効果など初心者にもわかりやすく紹介しており、ワキガ治療におすすめのクリニックを比較し紹介しています。

ワキガ治療を成功させニオイというコンプレックスから解放されるためには、適しているクリニックを選ぶことが必須となってきます。当サイトではワキガ治療の経験豊富な医師が対応している信頼できるクリニックを紹介しているので、自分に合うクリニックを選ぶ参考にしてください。

CYNTHIA

公式サイトはコチラ

Check Point

しっかり治るワキガの治療を提供してくれます
一人ひとりに合った最適な治療方法を提案してくれます
年中無休で医師の診療が受けられます

こちらのCYNTHIAは、短時間の治療で痛みが少なく、しっかり治るワキガと多汗症の治療を提供してくれることで人気です。これまで培ってきた経験と技術で満足できる結果を提供してくれるので、ワキガや多汗症の悩みを安心して相談できます。

ワキガの治療方法は複数用意されていて、一人ひとりの症状とライフスタイルに合わせて最適かつ効果的な治療方法を提案してくれます。メールでの相談にも丁寧に対応してくれるため、まずはメールで医師に相談したい人にもおすすめです。

年中無休で診療を行っていて、午前10時から午後8時まで診療が受けられます。電話での予約や相談、問い合わせにも丁寧に対応してくれますし、メールでの予約や問い合わせも受け付けてくれます。

ティーズクリニック

公式サイトはコチラ

Check Point

医師がカウンセリングを行い丁寧に説明してくれます
最新の知識と技術で対応し、一人ひとりに最適な施術を提供してくれます
錦糸町駅から徒歩3分の通いやすい場所にあります

こちらのティーズクリニックは、最新の技術と知識を取り入れて施術してくれることで人気です。院長は日本形成外科学会専門医なので、大切なお肌や身体を安心してお任せできます。また、コミュニケーションを大切にしているクリニックなので、医師がカウンセリングを行った上で、おすすめの治療をわかりやすく説明してくれます。

豊富な施術メニューを用意していて、ワキガの治療も受けられます。形成外科専門医による外科的治療はもちろん、メスを使わずに行う切らない治療にも対応してくれます。また、施術時間が短いというのも嬉しい特徴の一つです。

平日は10時から19時まで、土曜日は10時から18時まで診療を行っていて、土日・祝日は休診日になっています。予約フォームから手軽に予約ができる他、フリーダイヤルが用意されているので、電話でも予約受付や問い合わせに対応してもらえます。また、錦糸町駅から徒歩3分という通いやすい場所にあります。

みやび形成外科

公式サイトはコチラ

Check Point

日本形成外科学会専門医の院長がいるクリニックです
皮膚を切らないワキガ治療を行っています
相談すれば保険診療もできるので安心です

みやび形成外科では美容全体の施術ができることや、ワキガ治療なども皮膚を切らない施術をしていることでもおすすめなクリニックです。カウンセリングから施術までをトータルにサポートできるので、わからないこともスルーしないで確認することができます。

特徴としては日本形成外科学会専門医の院長がいることから、信頼度が高く多くの患者を診てきた実績も豊富にあります。完全予約制なのも実績のある院長が直接手術などを担当することから、対面してしっかりとサポートできることを話してくれるのも助かります。

ワキガ治療で気になることは傷跡などの問題がありますが、こちらも切らない方法でやっていることからも肌トラブルになりません。保険適用も相談によってはできるかもしれないので、カウンセリングの段階でいろいろとクリアできるのもメリットです。

東京美容外科

公式サイトはコチラ

Check Point

悩みや希望に合わせた施術方法を選ぶ事ができます
信頼できるドクターだけを採用しています
患者さんに安心して選んでもらえるように6つの約束があります

自分はワキガなのかもしれないと思ったら、皮膚科や美容外科などでチェックする事ができ、自分で自分のニオイがわかる、冬場でもワキに汗をかいてしまう場合にはワキガの可能性は高いです。脇のニオイが気になる方は患者さんの悩みや希望に合わせて治療を行ってくれる、東京美容外科に相談をしてみるといいでしょう。

ワキガ治療をおこなっているクリニックはたくさんあるので料金も異なりますが、低価格のクリニックは薄利多売で質の低い治療を行っていたり、医師免許を取得したばかりの医師を雇っているクリニックもあります。医療トラブルに巻き込まれないためにも、東京美容外科のように一定の基準を満たした医師がいるクリニックがおすすめです。

ワキガ治療を選ぶ際には信頼できるクリニック選びか大切で、東京美容外科では患者さんに安心して選んでもらえるように、実績と高度な技術、豊富な経験を持った医師が担当する、納得いくまで医師が十分に説明を行う、料金が明確、アフター体制がしっかりしている、院内が清潔、スタッフの教育が行き届いているという6つの約束があります。

池袋サンシャイン美容外科

公式サイトはコチラ

Check Point

よい治療をリーズナブルな価格で提供してくれます
保険適用のワキガの治療が受けられます
10時から19時まで年中無休で診療が受けられます

こちらの池袋サンシャイン美容外科は、幅広い施術に対応し、美しくなりたい気持ちを応援してくれます。よい治療をよりリーズナブルな料金で提供してくれますし、親身になって相談にのった上で最適な提案をしてくれるので、様々な悩みを安心して相談できます。

ワキガや多汗症の治療も行っていて、ニオイの元から切除するワキガの治療が受けられます。保険適用で直視下反転剪除法が受けられるため、経済的な負担を抑えながらワキガの悩みを解消したい人にもおすすめです。事前に女性カウンセラーによるカウンセリングが受けらますので、男性の医師には話しにくいことも相談しやすいです。

10時から19時まで年中無休で診療を行っています。また、フリーダイヤルが用意されているので、気軽に電話で問い合わせや予約ができます。完全予約制を採用しているため、待ち時間なく施術が受けられるのも嬉しい特徴です。

スキンクリニック

公式サイトはコチラ

Check Point

子供でも安心できるワキガの治療です
腫れがないのでダウンタイムの必要がありません
専門の医師が治療するので信頼があります

自分から出る汗のにおいから解放されたい人は、デリケート悩みのためになかなか人には言えないことも多くあります。美容外科でもあるスキンクリニックでは、ワキガの治療にも定評があり短期的な治療ができるのでおすすめです。

思春期に入ると余計に気になってしまうのがワキガなので、早い段階で治療をすることがベストです。そのためにはまず医師から治療スケジュールを作成してもらい、わかりやすいカウンセリングで成果を任せることができます。

医療レーザーを使った治療では終わった後の腫れがないために、ダウンタイムも必要ないのも特徴で気にしなくてもいいのは嬉しいことです。また入浴や運動にも制限がないので、友人にもわかることなく終わることができます。

自分のワキガの症状に合わせた治療の選び方

ワキガの症状は異臭のため、デリケートな問題であり多くの人が悩んでいる症状の1つになっています。またワキガ自体は男女関係なく多くの人に起こる症状ですが、治療によって改善する事ができます。そのため1人で悩むのではなく、専門の医師に相談して改善治療方法などどうするかを考えるのも重要といえますよね。では実際に治療を考えた場合、ワキガに行える治療の種類は数多くあります。そのためどの治療を選んだらいいのか迷ってしまう事もおいです。そんな時は自分のワキガの症状の合わせて選ぶのがおすすめですね。まずワキガの症状が重く永久的に治療したいと希望している場合であれば、3つの治療法から選ぶ事ができます。まず症状が重い人の多くは多汗症な人も多いです。そのため汗自体を抑える治療がおすすめですね。

治療としてまずは吸引法があり、皮膚自体は1センチ程切開します。ワキガはアポクリン汗腺が原因とされていますが、そのアポクリン汗腺を専用の機器でかき出して吸引していく方法になります。再発する率は他の治療に比べると高いという点も把握しておく事が大切ですね。2つ目は直視下摘除法があります。この治療方法はアポクリン汗腺自体を直接目で確認しながら切除していく治療となるので、再発などは殆どない治療法なので、完全にワキガを無くす事が可能です。ただし切開が5センチ程と広いので、傷跡は目立たなくはなりますが多少残る可能性もありますね。最後にワキガと多汗症といった症状両方を治療できるのがシェービング法になります。この治療方法はアポクリン汗腺とエクリン汗腺両方を取り除く治療方法となります。

この3つの治療方法はメスを使用した切開法になりますが、ワキガの治療には効果的と言えます。治療の方法としてもメスを使用するのに抵抗を感じている人におすすめな治療法となるのが注射を使用した方法がありますよ。脇汗ボトックス注射になり、メスを使わない治療なのでとても手軽に治療することが可能です。ボトックス自体は筋肉の動きを鈍らせる事ができるので、汗自体をかかないようにする効果があります。ただし注射で治療できる手軽さはありますが、効果は永久的ではないので半年に1回程度の頻度で注射を打つ必要があります。このようにワキガの治療法にもいくつか種類があり特徴にも違いがありますよね。そのため自分のワキガの状態や自分が希望する治療法と照らし合わせて、どの治療を行うかを選ぶことがポイントといえますね。

ページトップへ